草月流いけばなを探求している若手グループSYC東京1と

フリーダム・ドラマチック踊り子集団free lineによるいけばなとダンスのコラボレーション第2弾!!

■公演名
草月創流90周年記念 SYC東京1 特別企画展
「←↑↓→ やじるし」
with Dance Live“free line” 

■会場
六本木ストライプスペース 106-0032 東京都港区六本木5-10-33ストライプハウスビル
TEL 03-3403-6604 
Mフロア ( 1F ) …企画展スペース&合作作品展示スペース
Bフロア ( B1F )… コラボレーション公演会場

■料金
・企画展 入場無料 ・コラボレーション公演 観覧有料
前売 2200円 当日2500円
*全席自由 (簡易座席または立ち見となります) *定員あり

■会期
2018年

2月17日(土) 11:00~19:30
2月18日(日) 11:00~17:00

■コラボレーション公演 開演日時 
2018年 2月17日(土) 13:00 / 16:00 / 18:30
2月18日(日) 13:00 / 16:00
*開場は開演の15分前

*上演時間約45分予定

*公演以外の時間は全フロア企画展となります。

(公演中は観覧者以外、B1階に入場できません)

■出演者
AITOMO
imu
小川麻紀子
河内知子
川端慈
KOME
巡逢

■スタッフ
企画・演出・制作:imu, 小川麻紀子, 川端慈
音響:余田崇徳
オペレート:伊東祐輔(おしゃれ紳士) 
映像制作 宣伝美術:imu

●草月流いけばなとは?
初代家元・勅使河原蒼風が形式主体のいけばなに疑問を持ち、「個性」を尊重した自由な表現を求めたことから始まった草月流。草月のいけばなは「型」にとらわれることなく、常に新しく、自由にその人の個性を映し出し、いけ手の自由な思いを花に託して、自分らしく、のびやかに花をいけていく。

●SYC (Sogetsu Young Challengers)とは?
草月流いけばなを学ぶ若手グループ。40歳未満の草月指導者連盟会員や草月を学んでいる人々が任意に集い、若い新鮮な感覚と実行力を持って勉強会、研究会、展覧会などの活動を行っている。

●Dance Live “free line”とは?
2010年旗揚げ。ジャズ、コンテンポラリー、ストリートなどをスタイルに持つ女性ダンサーで構成された踊り子集団。映像やお笑い要素などを織り交ぜながら、スタイリッシュな独自の世界観を展開。2015年10月、世田谷パブリックシアターにて行われた「DANCE DANCE ASIA東京公演」にオーディション通過枠として出演、2016年8月にはフランス・サンボネ公演を果たす。ミュージシャンや華道家などとクラブやアトリエなど舞台以外の空間でも様々なコラボレーションを実施。老若男女楽しめる一味違ったエンタテイメントをお届けするドラマチック・フリーダムなカンパニーである。

■企画展及びSYC東京1に関するお問い合わせ
info@syctokyo1.com

■コラボ公演及びfree lineのご予約・お問い合わせ
dancefreeline@gmail.com
または出演者まで